不用品回収業者を利用する際に気を付けること

不用品を回収してもらって、業者が無認可の為にトラブルになったケースもあります。回収業者を選ぶ際の注意点などを紹介しています。 - 回収品目とその状態

回収品目とその状態

不用品回収は、該当品目であれば自治体サービス・民間業者どちらにしても依頼をすることが出来ます。
しかしながら、状態によっては回収してもらえるのかどうか・・・と、不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。
例えば破損している・壊れているものについて。
家具類など壊れているというところから不用品回収に出す方も多いでしょう。
破損状態がひどくても回収は可能となっています。
自転車やバイク・自動車などにおいては動かない状態のものもあるでしょう。
こうしたものに関しても問題はありません。
ただ、自治体サービスの場合はリサイクル目的・民間業者の場合はリサイクルならびに買い取り希望と言う場合には再利用されない可能性もありますし、買い取り価格がつかないということもありますので納得した上で処分してください。
また、作業員が怪我をする危険性がある破損状態の場合は事前に一言声をかける・ガードをするなどすると良いでしょう。
組み立て式のものについて。
自治体サービス・民間業者どちらも基本的に解体をした状態で回収をするという事が多いようです。
自治体サービスですと、自ら解体作業を行っていただくこととなります。
解体したものに関しては、ひとまとめにして指定ゴミ捨て場に置くようにしてください。
民間業者の場合は、状況に応じて解体依頼をすることも出来ますが業者によって別途工賃などがかかる場合もあります。
自動車・二輪車など乗り物について。
これらを処分する時には、鍵も合わせて回収してもらえます。
このとき、スペアキーなどがあるようでしたら合わせて回収してもらいましょう。
自転車の場合、地域によって多少の差はありますが個人的につけたキーチェーンなどは取り外すように指導をされることもあるかと思いますので、ルールに従うようにしてください。
ネームプレート・防犯登録シールなどははがしていただいても構いません。
詳細について分からないことがあれば、自治体の各担当課・業者に直接問い合わせることも可能ですので迷ったら連絡してみましょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »