不用品回収業者を利用する際に気を付けること

不用品を回収してもらって、業者が無認可の為にトラブルになったケースもあります。回収業者を選ぶ際の注意点などを紹介しています。 - 個人情報の管理を知りたい

個人情報の管理を知りたい

不用品回収をしてもらいたいという時、自分やご家族の所有物である場合が大半です。
ですから、依頼をするにしても個人情報の問題が気になるという方もいらっしゃるかと思います。
不用品回収と個人情報管理について少し触れて行きたいと思います。
自治体サービスの場合、どんなものを回収してもらうのか・住所や電話番号などを電話で聞かれると思います。
このとき、データとして保存され管理されることとなります。
保存された情報に関しては、地域ごとの管理方法にしたがって厳重に保護されているかと思います。
対策などについて公式ホームページなどに記述されている場合もありますので気になる方はチェックしてみると良いでしょう。
また、自治体サービスを利用して回収してもらう場合、フルネームをシールに記入して出すことになります。
ですから「第三者に名前を見られてしまうのでは」と心配される方もいるでしょう。
もし、どうしても気になるというのでしたら同居されている方の「男性名」を使用するのも良いのではないでしょうか。
申込者と同一でなければなりませんので、電話をする段階で男性の方の名前を伝えるようにしてください。
性別関係なくフルネームを記述することに抵抗があるという場合でしたら、そのようなスタンスが無い民間業者を利用するのが良いかもしれません。
民間業者においても、依頼をするとそのデータは残り管理されています。
アクセス制限をかけていたり防犯カメラが管理室の中に設置されていたりなどと業者ごとによって様々な取り組みがなされているようです。
こうした部分に置いてもホームページで確認できるかと思いますので見てみると良いでしょう。
また、作業員が家に上がるというところに不安感を覚えている方も。
このような場合、Pマーク取得者がいる業者を選んだりという対策をすると比較的に安心できるかと思います。
パソコン処分をしたいなどという時にも良いですね。
原則的には簡単に漏洩することがないように管理されていると認識して良いでしょう。

関連記事:

    None Found

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »